プリント基板ってなに?

当サイトでは、プリント基板設計において必要不可欠な基礎知識を解説しています。
電子機器開発の主な流れの中には回路および基板の設計があり、回路図を作る時のポイント、プリント基板を作る時のポイントをそれぞれ抑えておく必要があります。
また、これらのポイントの中に開発におけるノウハウがあり、そのコツについても触れて解説を行っています。
さらに、電子機器が故障した時の修理方法や回路図の読み方などについても学ぶ事が出来るようになっています。

プリント基板設計の基礎と知識

プリント基板設計の基礎と知識 電子機器開発の中心となるのは、電子回路の開発、そして電子回路を実装するためのプリント基板設計になります。回路や基板の設計には基礎があり、それを学ぶ事で開発に役立てる事が出来ます。
電子機器は回路図を作成してから、電子部品を実装するためのプリント基板を開発する流れで行いますが、電子回路は計算値に基づき、レジスタの抵抗値、コンデンサの容量が決まります。
計算の仕方などについても開発を行う上で必要であり、知識として持っておきましょう。
プリント基板の設計にはノイズ対策における知識が必要です。
プリント基板のパターンの引き回しを極力短くする事やアースパターンは可能な限り大きくする、ICへの電源供給はセラミックコンデンサなどでバイパスを行うなどの基礎知識が大切です。

プリント基板の基本の設計プロセス

プリント基板の基本の設計プロセス プリント基板は電子回路設計に基づき開発を進める流れがあります。
電子回路とは、電気の流れを図面化したもので、回路図や配線図などと呼ぶ図面です。回路図を見る事で、どのような機能を持つ電子機器であるのか、それぞれの電子部品の結線を確認する事が出来ます。
電子回路の設計はCADを利用して行うのが今の時代のやり方で、従来のような手書きで回路図を書き上げる事は少ないと言えましょう。
また、CADを利用する事で設計プロセスは時間の短縮にも繋がりますし、回路図を作成すると同時にプリント基板のアートワークを自動生成してくれる機能を持つものもあります。
但し、自動生成を行っても、そのまま製品化が出来るわけではなく、何度かの試作品の製作を繰り返す事で量産が出来るようになります。
試作品は、電子回路に掲載してあるすべての電子部品をプリント基板に実装する、実装した電子部品は電子回路と同じ配線を行うためにパターンが設けられています。
パターンは電気が流れる部分で、プリント基板には片面だけでなく、両面基板や8層構造などのような多層基板などもあります。
回路および基板設計、試作品の製作、実機テストのプロセスを繰り返すなどが電子機器開発の設計プロセスです。

おすすめのプリント基板関連リンク

あらゆるパターン設計に対応するプリント基板製造会社のサイト

プリント基板