プリント基板の解析

プリント基板の解析

プリント基板の解析 プリント基板設計は電子回路図に記載してあるすべての電子部品が回路図と同じ配線になるようにパターン設計や部品レイアウトを考えて行く必要があります。
部品はきれいに並んでいても、裏面のパターンを見ると迷路のようなプリントパターンがあり、初めて見る人にとって何を意味しているのか分からないと感じる人も多いと言えましょう。
プリントパターンは電気が流れる部分です。
電気が流れる事でICなどの半導体に電源を供給させ、信号の流れを作りだしてくれます。
しかし、プリントパターンの配線の仕方などに応じて設計通りに動かない事も少なくありません。
この場合は、プリント基板の解析を行ってノイズ対策などを講じなければなりません。
例えば、パターンの引き回しを短くする、電子部品が直列もしくは並列に接続されているパターンは距離を短くする、必要に応じてアースランドを大きくする、電源ラインは信号ラインと離して配線を施すなどプリント基板の解析が必要です。

プリント基板の解析スキルの重要性

プリント基板の解析スキルの重要性 プリント基板を設計するには、高度な解析スキルが必要とされます。
回路の設計段階では、ノイズの発生強度や周囲の影響が目に見えないため、シミュレーションにより波形レベルの確認を実施しますが、あくまでも仮定の範疇を超えないため、実際のプリント基板でデバッグを行った際にはシミュレーションと異なる結果が出たり、予想外の現象が起きることはそう珍しくありません。
しかしプリント基板上のノイズに関する知識や経験が豊富であれば、ノイズの発生源と考えられる部品には予め対策部品を挿入したり、実装しなくても対策部品用のパッドを設けることができます。
対策部品実装用のパッドが準備されていれば、仮に対策が必要となったとしても改造だけで済みますが、パッドが無い場合は基板改版が必要となる可能性もあります。
基板改版は出荷時期の遅延や製品原価の高騰にも繋がるなど、企業の利益にも悪影響を及ぼすため、事前の対策に応用するためにもデバッグ時の解析スキルは必要です。