プリント基板が出来るまでの加工

プリント基板が出来るまでの加工

プリント基板が出来るまでの加工 プリント基板の元材料は、片面基板であれば片側が銅箔面、両面基板であれば両側が銅箔面になります。銅箔は電流を流すことが出来る金属で、アートワークを作成した後に、生基板にアートワークを転写、エッチング液で銅箔を溶かします。アートワークはプリントパターンと呼ぶもので、プリント基板のプリントパターンは電気が流れる道になります。このままでは電子部品を実装することが出来ませんので、ランドと呼ぶ部分にドリルを利用して穴を開けます。工場でのプリント基板製造は、アートワークの焼き付けやエッチング液処理、穴あけ加工などは自動化が図れているため、大量生産も可能です。

穴あけが完了した後は、レジスト塗装を行いますが、レジストは金属部分がむき出しになっているものをコーティングするものです。銅箔は空気に触れると酸化してしまうので、レジストを塗布して酸化を防止する、これらの工程を経て1枚のプリント基板が完成し、これに電子部品を実装する形になります。

プリント基板は用途に応じて使い分けが出来ます

プリント基板は用途に応じて使い分けが出来ます 電子部品を実装するプリント基板と聞くと数ミリの厚さを持つガラスエポキシなどのイメージを持つ人もは多いのではないでしょうか。家電品の中で利用が行われているメイン基板などの場合、電子部品の実装数が多いため、ある程度の厚さがなければ耐久性に劣るため、頑丈な板材を使ったプリント基板が使われます。電子部品の中には許容量が大きな電解コンデンサーもあり、電解コンデンサーを数個実装するだけで重量も大きくなるので頑丈な材質のプリント基板が利用されるなど、用途に応じて使い分けが必要です。

デジタルカメラなどのような精密機器になると、電子部品は小型化が必要になる、狭いスペースに基板を収めなければなりませんので、折り曲げが出来るフレキシブル基板が使われることが多いのです。フレキシブル基板の中には、電子部品を実装することが出来る補強板を追加したリジットフレキシブル基板もあるなど、用途に応じてプリント基板は使い分けが可能です。